home>食品分野>西洋野菜

​事業紹介

Business

​食品分野

Provision

​西洋野菜

ハラペーニョ

メキシコを代表するトウガラシの一種で辛さは世界の様々なトウガラシの中では中ぐらいの位置づけとされ、日本の代表的なトウガラシである鷹の爪ほどの辛さはなく爽やかな辛さを持つ一般知名度も非常に高いトウガラシです。
原産地であるメキシコからの輸入は禁止となっている為、オランダで施設栽培された商品を紹介しております。

Jalapeño

オランダ

産地

特徴

規格

約5kg/ケース

アンディーブ

ヨーロッパ原産のキク科野菜で、収穫された種芋を、暗室での水耕栽培によって再度栽培される為、輝く様な白色の特徴的な野菜となります。シャキっとしたキレのある歯ざわりと、独特の香り、ほろ苦さはまさに大人の味で、ヨーロッパでは、とてもポピュラーな野菜です。生でサラダに、一枚ずつはがしてオードブルの器として、また、グラタンや煮込み料理、スープの過熱調理等、幅広くお使い頂けます。

ENDIVES

ベルギー

産地

特徴

規格

4.5kg/cs

トレビス

アンディーブの一種で、適度な歯ざわりと、赤紫色に白の葉脈のコントラストが特徴的なキク科野菜。レタスよりしっかりしており、キャベツよりも柔らかで、適度な歯ざわりを楽しめます。ほろ苦さとそのシャキッとした歯ざわりから、生野菜として様々な種類の料理に使用されており、他のレタスなどと取り合わせると、トレビスの鮮やかな色合いとほのかな苦味が引き立ち、サラダにアクセントと彩りを与えます。

RADICCHIO

アメリカ

メキシコ

産地

特徴

規格

4kg/cs

シャロット

ユリ科の多年草植物で、古くからヨーロッパで栽培されてきた、とてもポピュラーな野菜です。にんにくと玉葱を混ぜて穏やかにした様な風味があり、みじん切りにして炒めるととても深みのある甘い香りが出ます。フランス料理やイタリア料理にはとても重要な存在です。ソースやベース作りには欠かせず、近年では、フランス・イタリア料理の枠を超えて様々な料理に使用されて来ています。また、ドレッシングのベースとしてもお使いいただけます。別名ベルギーエシャロット。

SHALLOT

フランス

​オーストラリア

産地

特徴

規格

5kg/cs

パプリカ

形はピーマンに似ていますが、ピーマンよりも大きく肉厚で甘みのある野菜です。以前は、西洋野菜として輸入されていましたが、苦味がほとんどなく、栄養価の高いパプリカは多くの人に受け入れられ今や家庭料理に彩りを添える程一般的な野菜となりました。赤・黄・オレンジ・緑の4色があり、和・洋・中、加熱・生食問わず、幅広くお使いいただけます。また、ドレッシングのベースとしてもお使いいただけます。別名ベルペッパー・ジャンボピーマン。

PAPRIKA

オランダ

韓国

ニュージーランド

産地

特徴

規格

4kg/cs